文化栄養学実習とは

文化栄養学実習とは

 この実習は、それまでの各講義科目、実習課目からの学びを総合化し、それぞれの学生の関心や将来の方向性に向かって、より深く掘り下げ、学びを集大成をするために取り組む科目です。必修科目となっており、全学生が3年後期から4年生にかけて1年半に渡って取り組みます。
 通常の卒業論文・卒業研究とは異なり、単なる「研究」だけではなく、実体験や社会に働きかける実践、あるいはそのための教材や作品を作ることを重視しています。テーマの選択から具体的な実施計画立案、最終的な成果の発表など、学生自らが教員とディスカッションや学生相互のゼミを通して推進します。希望であれば国外に飛び出したり、専門家のもとを訪れたり、子供たちに指導したりなどを行うことで、より具体的で効果的な情報収集力、分析力、企画力、表現力を養うことになります。

サイトマップ 便利手帳 カレンダー 学園トップ 食文化栄養学科トップ